ほぼモンハン!全世界プレイヤー数1500万人を超える大ヒットオンラインRPG『ドーントレス(Dauntless)』が、Nintendo Switchに登場

12月11日、Phoenix Labsは、基本プレイ無料の共闘アクションRPG『Dauntless(ドーントレス)』の対応言語に日本語を追加。

同日、日本国内Nintendo Switch/PlayStation 4/Xbox One向けの配信が開始されれました。

今年5月からEpic Gamesストアで配信されているPC版も、新たに日本語字幕に対応。

各プラットフォーム間のクロスプレイとチャット、Epic Gamesアカウントを利用したクロスセーブに対応しており、2020年にはモバイル版のリリースが計画されてるようです。まさにクロスプレイ化!

【ドーントレス】は、大人気作【モンスターハンター】からモロに影響を受けたアクションRPG。最大4人の協力プレイに対応。プレイヤーは凶暴なベヒモスを狩るスレイヤーのとして、陸地が無数の浮遊島に分裂した「砕かれた大地」でベヒモス討伐に向かう。砕かれた大地を空中で繋ぎとめているエーテル。それに飢えたベヒモスたちから世界を救うため、仲間と手を組み、野蛮な巨獣を狩り倒す。という世界観です。

まずはハブエリアとなるラムズゲートでクエストを受注し、ベヒモスが住まう浮遊島へと出発。部位破壊によりベヒモスから集めた素材で強力な装備品を作り出し、さらなる強敵に立ち向かう。ベヒモスとの戦闘は長期戦が多い。スタミナを管理しつつ、相手の行動パターンと弱点を観察し、隙を狙って一撃を加えていくという、ほぼモンハンと似たような仕様。武器の種類は剣、槍、アックス、チェインブレイド、ハンマー、リピーターとあり、それぞれムーブセットや必殺技が異なる。属性効果付きの武器を作成したり、MODにより特殊効果を追加したり、装備品のソケットに専用アイテムを組み込むことで補正効果を追加したりと、さまざまな方法でカスタマイズできる。

ドーントレス1

本作では無料アップデートによりコンテンツが追加されていく予定で、12月11日には無料アップデート「Stormchasers」が配信されました。新しいベヒモス、新しいハントパスなどが追加。今シーズンのハントパス「Myth & Legend」では全50レベル分のシーズン報酬を解放され、複数のスキンアイテムを入手可能に。

新たに追加されたエスカレーションは、装備変更不可・物資補給不可という条件化でベヒモスとの5連戦に挑む内容。目標は、エスカレーションレベルを上げ、シーズンの最終ボスを討伐するという事。討伐するとレジェンダリー報酬が手に入るようだ。モンハン同様に、癖ストを繰り返し遊ぶことで補正効果やバフ効果が得られる「ランタンコンデンサー」「アンプ」「才能」システムを活用しつつ、 踏破を目指そう。エスカレーションレベルを40以上にまで上げたスレイヤーは、今シーズンの最終ボス「マルカリオン」に挑戦できる。空中を素早く移動し、雷の力を駆使する強敵だ。

本作の基本プレイは無料で、クロスプラットフォームプレイに対応。またEpic Gamesアカウントを通じたクロスセーブにも対応しており、プレイするプラットフォームを切り替えても進行を引き継げるというのが特徴のひとつ。加えてEpic Gamesストアでは以前からPC版が配信中で、開発元Phoenix Labsでは2020年にモバイル版のリリースも予定されています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください