ニンテンドースイッチで新作登場!『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』【2020年発売】

桃鉄定番タイトル

コナミは、すごろくゲーム「桃太郎電鉄」シリーズのニンテンドースイッチ版新作『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』を2020年に発売すると発表しました。公式サイト

任天堂が9月5日に配信した「Nintendo Direct 2019.9.5」の中で明らかにされています。

今回はタイトル発表にとどまり、映像内に登場した大まかな内容しか明らかにされていません。

ゲーム内の盤面は過去タイトルとほぼ同様のデザインですが、「新国立競技場(1490億円)」など新しい物件が加わることが示唆されています。総監督およびゲームデザインは、シリーズを通して関わってきた、あの「さくまあきら氏」が担当。

桃鉄令和新国立競技場
©さくまあきら ©Konami Digital Entertainment

桃鉄令和さくまあきら
©さくまあきら ©Konami Digital Entertainment

桃太郎電鉄シリーズのメインタイトルは1988年のファミコン版「桃太郎電鉄」以来、22タイトルが発売されていますが、過去3作は携帯ゲーム機向け。

据え置き型ゲーム機向けの桃鉄は2009年にWiiで発売された「桃太郎電鉄2010 戦国・維新のヒーロー大集合!の巻」以来、実に11年ぶりの登場となりました。

桃鉄令和台風
©さくまあきら ©Konami Digital Entertainment

可愛いキャラクターデザインはイラストレーター・竹浪秀行氏が担当し、主人公「桃太郎」を始めとするキャラクターが新ビジュアルで登場予定!

楽曲の一部は、音楽クリエイター・ヒャダイン氏が提供し、話題を呼んでいます!

第1弾は天王寺編「桃鉄!全国物件めぐり」

桃太郎電鉄公認シール
©さくまあきら ©Konami Digital Entertainment

「桃鉄!全国物件めぐり」は、シリーズ作品に登場する物件の元となった全国のお店を巡り、公認のパートナーになってもらうべく交渉をおこなっていく企画。

『桃太郎電鉄』シリーズには、日本全国にある数千もの物件が登場し、それらの物件は本作総監督・さくまあきら氏が自らの足で取材、厳選したもので、すべてモデルとなったお店が存在します。

今回、それらのモデルとなったお店を訪ね歩き、公認店舗になってもらえる店を探していくことになりました。

公認店舗となったお店には、目印となる公認シールが贈呈。

早速第1弾「天王寺編」が公開されているので要チェック!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください