「ニンテンドースイッチ」「スイッチライト」の国内販売台数、累計1000万台突破【Liteの押上げで加速化】

任天堂は、2019年11月5日に日本国内における累計販売台数(セルスルー)が、11月3日時点で1,000万台を超えたことをプレスリリースで発表しました。

1000万台プレスリリース

2017年3月に発売したNintendo Switchに加えて2019年9月にはNintendo Switch Liteを発売。

ニンテンドースイッチライトは発売よりわずか10日で世界中で200万台近い195万台の発売をしたと11月1日の決算発表で公表したところでした。

ニンテンドースイッチセルスルーグラフ

年内には国内販売台数を累計1,000万台を超える見込みだったがニンテンドースイッチライトの押上によって加速された感が否めない。

ですが、ニンテンドースイッチライトの国内販売シェアは、そのうち20%程度とスタートは低調なのは事実で、これからの口コミによる拡散、携帯性の高いゲームタイトルとの合わせ買いなどで販売台数拡大を狙っていくのは間違いないでしょう。

3DSの販売台数を急進させた「モンスターハンターシリーズ」などビッグタイトルにも期待したいが現状は現実的ではないです。

これらラインナップに代わって「荒野行動」「フォートナイト」など現在流行りのオンライン対戦ゲームの普及でどこまでニンテンドースイッチライトを押し上げれるかに期待が寄せられてるように感じます。

携帯性の高いゲームの第一弾として2019年11月15日には、「ポケットモンスター」シリーズの最新作『ポケットモンスター ソード・シールド』の発売を予定しており、Nintendo Switchの普及がまだまだ拡大しそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください