Nintendo Switchが12月10日から中国で発売開始【まだまだ伸びるニンテンドースイッチ】

tencent-nintendo

2019年12月4日、任天堂はプレスリリースで『中国でのNintendo Switchの発売について』を発表しました。

内容はとてもシンプルで、

任天堂が中国における正規販売代理店契約を結んでいるテンセント社
(中国語名:騰訊控股有限公司; 英語名:Tencent Holdings Limited; 本社:中国広東省深圳市)

Nintendo Switchを2019年12月10日に希望小売価格2,099元(約32,411円)で発売する旨の発表が中国国内において行われましたことをお知らせいたします。

といった内容でした。

>>任天堂公式HP

小学生低学年でも楽しめるゲーム

中国は巨大市場であるものの産業の参入が非常に難しく、任天堂は過去にニンテンドーDSを別の名前で展開していたものの失敗に終わっています。

ニンテンドースイッチの中国デビューについては、ローカライズや中国の独特のネット環境にあわせたサービス提供、販売などについて、テンセントと協力することをすでに発表済みでした。

テンセント社コメント

テンセント社は中国から世界への進出を望んでおり、ターゲットのひとつは米欧の家庭用ゲーム機プレーヤー。

(米欧市場に進出するため)任天堂のキャラクターを使ったゲームを作り、任天堂の開発者からゲーム機向けゲーム作りのエッセンスを学びたいと思っている

とコメントしています。

中国マリオ

中国でも開発を進めるという事から、日本にはないゲームやキャラクターなど新たなゲームが作られる可能性もあります。

過去キャラクターの著作権問題など多々あった中国。これらが守られながら本当に開発が進んで行くのかは今後見ものです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください