ニンテンドースイッチで一番おすすめのコントローラーは?

ニンテンドースイッチおすすめコントローラー

ニンテンドースイッチには赤と青の「Joy-Con(ジョイコン)」が付属していますが、それ以外にも様々なコントローラーが発売されています。

本記事では、「おすすめのコントローラーを知りたい!」「どんなコントローラーがあるの?」といった方の為に、おすすめのコントローラーを紹介します。

プレイ時間が月間100時間を超えるヘビーユーザーならではの意見を、ぜひ参考にしてみて欲しいです。




1.一番おすすめのコントローラーはプロコン

スイッチで一番のおすすめのコントローラーは、なんといっても「Proコントローラー(プロコン)」です。

任天堂が出しているオフィシャルコントローラーの為、ジョイコン同様にジャイロセンサーなどの機能も搭載しており、他社製品のような機能不足もありません。

価格:6,980円+税
サイズ:縦106mm×横152mm×厚さ60mm
重量:約246g

USB端子:USB Type-C™端子
内蔵バッテリー:リチウムイオンバッテリー[CTR-003] 電池容量 1300mAh
バッテリー持続時間:約40時間
充電時間:約6時間

少々値段は張りますが、重厚感や密閉感などはしっかりした作りになっていて、快適にプレイすることが可能です。

「ジョイコンが使いにくい!」「TVモードでゲームをやりこみたい!」と思っている方は、是非プロコンをオススメします。

→プロコンの特別エディションはページ下部へジャンプ

2.低価格かつ高品質なコントローラーを選ぶならコレ【Amazon’s Choice】

scorellというブランドから発売されている、廉価版のコントローラーがオススメです。

NFC機能が唯一付いていない為、amiiboの接続ができません。(ジョイコンで出来るので基本問題ないかと思います。)

その他については正規品から見劣りはほぼなくジャイロ機能やHD振動などはプロコンそのままに再現しているので安心してプレイ可能です。

さらに、連射機能を搭載しており、真ん中の「TARBO」ボタンで簡単に連射モードに切り替えが可能。

シューティングやロープレに欠かせない機能が付いていてこの値段は嬉しいの一言です。

価格:3,288円 2019年6月16日時点Amazon価格
サイズ:縦110mmx横157mmx厚さ57mm
重量:約200g

USB端子:USB Type-C™端子
内蔵バッテリー:リチウムイオンバッテリー 電池容量 500mAh
バッテリー持続時間:約15-20時間
充電時間:約2時間

見劣りするのは一回に出来る充電ん容量など、中身のスペックに関してでしょうか。

スイッチ本体がスリープモードに入る時、コントローラーからの操作で本体を再起動することはできませんので注意してください。

とはいえ、この値段で普通にプレイできるのでそこまでお金はかけたくないけど、友達が集まった時に本格プレイしたい!って場合には重宝します。

『Amazon’s Choice』に選ばれているコントローラーなので安心して購入できる部分もオススメしている要素の一つ。

それでもちょっと不安と思ったら、純正コントローラーである『プロコン』を選択しておきましょう!


scorel Nintendo Switch コントローラー 無線版 HD振動/連射/ジャイロ機能搭載 日本語説明書付き

3.主なコントローラーの紹介

任天堂純正コントローラー、任天堂ライセンス商品「HORI」など、海外製メーカーの大きく3つに分かれると思います。

それぞれ順にご紹介していきます。

Joy-Con(L/R)ジョイコン

JOYCONラインナップ

ニンテンドースイッチに最初から付属しているジョイコンです。

専用のグリップにJOYCONを取り付けるとコントローラーに早変わりします。

付属のグリップは充電機能はありませんが、Joy-Con充電グリップを購入するとコントローラーを充電しながらプレイすることが可能です。

価格:各7,480円+税
付属品:「Joy-Conストラップ(ブラック)」×2個
サイズ:縦102mm×横35.9mm×厚さ28.4mm
重量:(L)約49g (R)約52.1g

※本体やJoy-Con充電グリップに取り付けて充電します。
内蔵バッテリー:リチウムイオンバッテリー/電池容量 525mAh
バッテリー持続時間:約20時間
充電時間:約3.5時間

マリオカート8デラックスや、ニンテンドーのおすそ分けゲームをプレイしたいときにもう2つ購入しておくと便利かも!

Proコントローラー

前述しているので機能については省きますが、特別デザインのProコントローラーが数タイトルから発売されています。

proコントローラー特別エディション

特にスプラトゥーン2エディションは人気で、発売当初はプレミア価格が付いていた事も。

現在はオリジナルのブラックと比較すると数百円ほど高いかとは思いますが、容易に入手可能です。

人とちょっと差を付けたい!、やり込みして思い入れの強い!そんあ場合は是非、特別エディションを手にしてプレイしてみてください。

ホリパッド for Nintendo Switch

ニンテンドーライセンス商品のホリパッドです。

十字ボタン、方向ボタンの両方の操作感を得られるNintendo Switch専用コントローラーとして発売されて低単価で人気を誇っています。

十字ボタンの付け外しができ、十字ボタンと方向ボタンの両方で遊ぶことができます。取り外した十字ボタンは製品背面に収納することも可能。

また、HORIならではの連射/連射ホールド機能搭載。毎秒5回/12回/20回の速度調節が可能です。

価格:¥2,980(税込 ¥3,218)
サイズ:縦 約110mm × 横 約155mm × 高さ約 62.5mm
重量:約245g(ケーブル含む)、約170g(ケーブル除く)
ケーブル長:約3m

ただし、本製品はジャイロセンサー、モーションIRカメラ、加速度センサー、プレイヤーランプ、HD振動、お知らせランプ、NFC (近距離無線通信) の機能を搭載していないのが特徴。

優先で繋いで簡易に楽しむ方のために作られたライトなコントローラーです。

ワイヤレスホリパッド for Nintendo Switch

ニンテンドーライセンス商品のホリパッドのワイヤレス版です。

最大約10mの通信距離を実現。通信距離は約10mのワイヤレス通信で、自由なプレイスタイルでゲームを楽しめます。

有線のホリパッドと大きな違いは、Nintendo Switch Proと同様の加速度センサー/ジャイロセンサーを搭載していること。

コントローラーをかたむけるなど、加速度センサー/ジャイロセンサーを使うゲームにもお使いいただけます。

グリップの表面に施した凹凸加工と継ぎ目のない構造でしっかりと握ることができ、バッテリーを内蔵しながらも重量はおよそ180g。長時間持ち続けても疲れにくい軽量設計を実現しています。

価格:¥5,480(税込 ¥5,918)
サイズ: 幅 約160mm × 奥行き 約60mm × 高さ 約110mm
重量:約180g

接続方式:Bluetooth®5.0による無線接続

逆にこちらのワイヤレスコントローラーは、モーションIRカメラ・HD振動・NFC(近距離無線通信)はそのままですが、連射機能 / 連射ホールド機能が使用できません

連射機能を求めている方は、有線のホリパッドを使用するか、先ほど紹介した海外製のコントローラーを利用することが望ましいでしょう。

【Amazonベストセラー】海外製BEBONCOOLのコントローラー

BEBONCOOLというブランドから発売されている、廉価版のコントローラーです。

ボタン配置がプレステと同じですので、プレステユーザーにとってはしっくりくるコントローラーとして人気。

任天堂オフィシャル品以外は全てですが、NFC機能が唯一付いていない為、amiiboの接続ができません。(ジョイコンで出来るので基本問題ないです。)

その他については正規品から見劣りはほぼなくジャイロ機能やHD振動などはプロコンそのままに再現しているので安心してプレイ可能です。

価格:3,259円 2019年6月16日時点Amazon価格
USB端子:マイクロUSB
内蔵バッテリー:リチウムイオンバッテリー 電池容量 400mAh
バッテリー持続時間:約8時間
充電時間:約1.5~2時間

スイッチ本体がスリープモードに入る時、コントローラーからの操作で本体を再起動することはできませんので注意してください。

『Amazonベストセラー』のコントローラーなので、多くの人に選ばれており安心して購入できます。


「2019版」switch コントローラー Nintendo switch用無線スイッチ コントローラー プロコン ジャイロ BEBONCOOL Bluetooth接続 任天堂switch対応ワイヤレス プロコン switch デュアルショック Blue

4.その他のコントローラー

ニンテンドー ゲームキューブ コントローラ

スマブラGCコントローラー

「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」専用で利用する人が多い、このゲームキューブコントローラー。

「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」発売の際には、スマブラ仕様のゲームキューブコントローラも発売されたほど、このゲームキューブコントローラーは人気が根強いです。

そのままだとUSBに接続が不可能ですので、「ゲームキューブ コントローラ 接続タップ」(別売)が必要です。

昔からのスマブラファンにとっては必要不可欠なコントローラーです。

※2019年6月16日現在、プレミア価格が付いており、非常にお買い求めづらい状態です。

まとめ

ニンテンドースイッチで一番おすすめなコントローラーは、「Proコントローラー(プロコン)」で間違いでしょう。

多少、予算オーバーだったとしてもプロコンを選ぶことをオススメします。

また、スリープモードからの立ち上げには不便を要しますが、許容範囲内であれば本記事で紹介した海外製の2商品で問題ないでしょう。

使い勝手や、コントローラー自体の軽さを考慮しても半額ほどの値段で購入できる海外製コントローラーはコスパが高いです。

自分のプレイスタイルに合ったコントローラーを選んで、ニンテンドースイッチをより堪能してください!

コントローラーを手にしたらプレイしたいゲームをコチラで紹介しているので参考にしてみてください。

合わせてに読みたい:ニンテンドースイッチおすすめゲームソフト ベスト5はコレ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください