ニンテンドースイッチライト ダウンロード版で携帯性を最大限に活かす方法【microSDカードで大容量化は必須】

ニンテンドースイッチライト携帯性を最大限に活かす方法

2019年9月20日に発売されてたニンテンドースイッチライト

販売から10日で全世界で195万台の販売を記録したと任天堂さんから発表されました。

それほど売れているニンテンドースイッチライト、やはり携帯性に魅力を感じているユーザーは多いようです。

携帯モードのみプレイ可能ということで、携帯に特化しているニンテンドースイッチライト

ソフトも持ち歩かないという想定で考えると本体の容量(ストレージ)はどうなっているのでしょうか?

本体容量は32GBになっています。

ただし、全容量が使える訳でなくシステム領域を除いた容量のみがセーブデータ保存やダウンロードゲーム保存に使えるようになっています。

ニンテンドースイッチライトの特徴を活かす

ニンテンドースイッチ比較

ニンテンドースイッチライトの特徴は、ニンテンドースイッチ通常版との比較をすれば自ずと見えてきます。

従来品とのスペック比較
✓価格 19,800円(税抜き)(10,000円安い)
✓重量 275g(123g軽い)
✓サイズ 縦:91.1mm 横:208mm 厚さ:13.9mm(縦横1センチ3センチずつ小さい)
✓画面 5.5インチ(従来6.2インチ)
✓バッテリー駆動時間 3時間~7時間(従来モデルより30分長い)
✓プレイモード 携帯モードのみ可能
✓HD振動 なし
✓遊べるソフト 携帯モードに対応したゲーム
✓テレビ接続 不可

ざっとこれらのスペックがニンテンドースイッチライトと従来モデルとの比較です。

ニンテンドー3DSの後継機と言っても問題ないくらい携帯ゲームとして特化したスペックにそぎ落とされているのがわかります。

逆に、ニンテンドースイッチをオンライン対戦やRPG、シミュレーション、通常アクションなどで遊ぶのが確定しているようなユーザーにとっては持ち運び可能なスイッチライトが適していると言えるでしょう。

低価格で高スペックな最新ゲームが楽しめるとなればスイッチライトは名機と言わざるを得ない存在になりそうです。

ニンテンドースイッチライトのストレージ容量は?

ニンテンドースイッチストレージ

ニンテンドースイッチライトが携帯性に優れているのは分かったけどストレージ容量はどうなんだ!?

ってなりますよね?

ここは従来モデルと差分はなく、32GBのストレージが本体に内蔵されています。

これは、システム領域を除いた容量になっているのですべてのメモリ容量が使える訳ではありません。

実際にユーザーが使うことができるメモリ容量は約26GBほどと意外と多くないのが実情です。

携帯性を活かすには大容量化しよう

ニンテンドースイッチライトSDカードスロット

携帯性を活かす為にパッケージ版ではなく、ダウンロード版を軸にプレイする事を考えるならmicroSDカードは必須になります。

ニンテンドースイッチは以下の規格のmicroSDカードに対応しています。

ニンテンドースイッチSDカード種類
microSD:〜2GB
microSDHC:〜32GB
microSDXC:〜2TB(現在販売されているマイクロSDカードは512GBまで)

2TBのマイクロSDカードをスイッチに入れることでストレージ容量を最大2.3TBまで増設できるということになります。

現在販売されているmicroSDカードの容量は16GB、32GB、64GB、128GB、256GBまでが主流となっており、メモリ容量が多ければ多いほどスイッチのストレージ容量を増やすことができます。

メモリ容量が大きいmicroSDカードは価格が高いので必要に応じて容量を選ぶのが良いですが、大は小を兼ねるで無難に256GBのメモリを増設しておけば数年間遊ぶことは可能です。

価格は大小で財布と相談!になると思いますのでコチラにオススメを掲載しておきます。

【1】任天堂ライセンスHORI製品

任天堂ライセンス品なので安心して使えます。
プレゼントなどに検討する場合は、無難にコチラを選んでおきましょう!

純正品・ライセンス品と決めている人向けのSDカードと思ってください(価格は高めです!)

各サイトで下記製品の検索結果一覧へリンクします(探しやすい!)

【2】コスパ性能最高Samsung製

ニンテンドースイッチでの作動チェック済みのAmazonでは主流のおすすめマイクロSDカード

任天堂ライセンス品と比較すると倍以上の価格差がある為

ほぼほぼのダウンロード版ユーザーはこちらのサムスン製を使っていると思います。

ダウンロード版とセット売りなどをされている品番になるので安心して利用できるマイクロSDカードです

各サイトで下記製品の検索結果一覧へリンクします(探しやすい!)

ゲームによって必要なメモリ容量は大きく異なってり参考までに下記に幾つか掲載しておきます。

平均するとしっかりやり込む系のゲームは1ゲーム10GB以上思っておくと良いでしょう。

・ポケットモンスターソード 9.5GB
・ドラゴンクエスト11s 13.5GB
・大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL 15.3GB
・ファイアーエムブレム風花雪月 11.1GB
・マリオカート8デラックス 6.8GB
・ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド 14.4GB

ダウンロード版をお得に購入する

ニンテンドースイッチダウンロード版

ダウンロード版のメリットを挙げると大きく3点あります。

・発売当日にすぐプレイが出来る
・ゲームカードの差し替えが不要
・Amazonプライムデー/ニンテンドーチケットなどで安く購入できる

個人的にはダウンロード版はカードの入れ替えが必要なく複数ゲームを同時進行できるので好きです。

ゲームカードの入れ替えは何気に面倒ですし、ゲームカードをたまに失くすなんてリスクもあります。

一方マイクロSDカードでしたら、カードを指しっぱなしで持ち運びも簡単なのでオススメです。

また、安く購入できるポイントもあるので下記に2つ挙げています。

【1】Amazonプライムデーのセール品

プライムデー2019ではニンテンドースイッチの人気ソフトのダウンロード版が2本セットでお得に購入できました。

・スーパーマリオメーカー2
・New スーパーマリオブラザーズU デラックス
など組み合わせは様々!

対象のダウンロードソフトが2本でなんと10,000円でした!


スーパーマリオメーカー 2|オンラインコード版 + New スーパーマリオブラザーズ U デラックス|オンラインコード版

【2】ニンテンドーカタログチケットの利用

ニンテンドースイッチカタログチケットは、任天堂から発売されているすべてのニンテンドースイッチ用ソフトから2本を選んでダウンロードできるチケットで、価格は9,980円(税込)です。

6,414円お得に購入できる!ニンテンドーカタログチケットとは?【賢い使い方と注意点】

2019年5月19日

こちらの関連記事で細かく説明しているので興味あればチェックしてください。

購入後売却を考えるのであればパッケージ版を購入

ダウンロード版の魅力について語ってきましたが、やっぱりソフトは売却して資金を循環させるんだ!

という思考の方にはパッケージ版をオススメします。

携帯性・利便性はmicroSDカードを利用したダウンロード版ですが、売却まで考えるとパッケージ版の方がはるかにコスパは良いでしょう。

パッケージ版もふくめ、当サイトのニンテンドースイッチおすすめソフト関連の人気記事は下記をご参照ください!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください